白米史上、最も熱い戦い

オンザライス選手権
ON THE RICE CHAMPIONSHIP

#オンザライス選手権とは

もっちりした食感や甘み、コクなどが自慢の5種の新潟米が、
厳選されたおかず達を受け止める
その受け止め方の美しさやおいしく見えるかを競うコンテスト。

深夜に新潟県自慢のお米たちが白熱した戦いを繰り広げる
どの白米が一番美しくおいしそうに見えるのか?
純白のマットへの着地を見逃すな!

白米史上、最も熱い戦いが始まる!

KOME1 新潟コシヒカリ


ENTRY 1  DAY 10/4

サーモン塩辛

ENTRY 2  DAY 10/6

卵黄の味噌漬け

ENTRY 3  DAY 10/8

にいがた地鶏の塩麹焼き

RICE DATA

長年愛される新潟米のフラッグシップ

Name
Niigata Koshihikari
Year of birth
1956
Annual production
133,700 t

KOME2 岩船コシヒカリ


ENTRY 4  DAY 10/11

鮭の焼漬け

ENTRY 5  DAY 10/13

村上牛しぐれ煮

ENTRY 6  DAY 10/15

はらこ

RICE DATA

渓流魚が泳ぐ清流の水で育ったお米

Name
Iwafune Koshihikari
Year of birth
1956
Annual production
11,900 t

KOME3 佐渡コシヒカリ


ENTRY 7  DAY 10/18

いかの塩辛

ENTRY 8  DAY 10/20

佐渡バター

ENTRY 9  DAY 10/22

佐渡牛の焼肉

RICE DATA

朱鷺との共生、
生きものを育む農法のお米

Name
Sado Koshihikari
Year of birth
1956
Annual production
14,200 t

KOME4 魚沼コシヒカリ


ENTRY 10  DAY 10/25

きりざい

ENTRY 11  DAY 10/27

かぐらなんばんみそ

ENTRY 12  DAY 10/29

新潟県産豚の角煮

RICE DATA

誰もが知る我が国のトップブランド米

Name
Uonuma Koshihikari
Year of birth
1956
Annual production
34,100 t

おかず選定者


佐藤 智香子

料理研究家・フリーアナウンサー・野菜ソムリエPro.

生産現場の取材を通じて食の世界に魅せられる。
野菜ソムリエPro.の資格を有し、旬の野菜、発酵食品を取り入れたレシピを得意とする。
年間レシピ考案数は300以上。
著書「365日おにぎりレシピ」「ONIGIRI」は世界料理本大賞2020ライス部門で世界一となる。


web waioli-k.com  waiolikitchen365


Tweets Niigata_Press
SHARE